セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンをゴマから摂取するデメリットとは

1.ゴマ一粒に含まれているセサミンの量は少ない

セサミンはゴマに含まれている成分ですが、実はゴマ一粒に対してわずか0.4%~1%程度しか含まれていません。
このため、老化やガンなどを予防するためにセサミンを摂取する場合は、沢山のゴマを食べないと効果を感じることは難しいでしょう。
セサミンの一日の摂取目安量は約10mgであり、これをゴマから直接摂取するには約2500粒~3000粒もの量を食べなくてはなりません。
毎日ゴマをこれだけの量を食べることは非常に困難です。
また、ゴマは一粒一粒が固い殻に覆われています。
そのためゴマに含まれているセサミンを吸収するためには、ゴマをよく噛む必要があります。
しかし、ゴマはわずか数㎜程度しかないため、ほとんどが噛み砕かれることなく飲み込まれてしまいます。
するとゴマはそのままの状態で消化器官を通り、便と一緒に排出されてしまいます。
このようにいくらゴマを毎日沢山食べても、セサミンを十分に補給することはできません。
ゴマは栄養価が高い食材であるため毎日食べることが望ましいですが、セサミンの摂取を目的とするならば、ゴマよりもサプリメントがおすすめです。
サプリメントに抵抗がある方は、ゴマをペースト状にしたゴマペーストを食べると良いでしょう。
ゴマペーストの作り方は、ゴマを炒ってからよく擦り続け、粘り気が出てドロッとした状態になった後裏ごしをします。
このため、セサミンが固い殻に覆われている状態ではなくなるのでセサミンの吸収率が上がります。
ゴマペーストならゴマをそのまま食べるよりも、効率よくセサミンを摂取できるのです。

2.ゴマは脂質が多い

ゴマには脂質が多く含まれている点もデメリットの一つです。
それもわずか量ではなく、ゴマの大半が脂質なのです。
ゴマは一粒一粒は非常に小さいですが、カロリーが高い食材でもあります。
そのため、セサミンの摂取を目的としてゴマを沢山食べてしまうとカロリーを摂り過ぎてしまい、肥満の原因にも繋がります。
セサミンの一日の摂取目安量である10mgを全てゴマから直接摂取しようと考えると、約3000粒ものゴマを食べなくてはなりません。
そのため、たとえセサミンを摂取できたとしても肥満になってしまうでしょう。
また、ゴマペーストはセサミンの吸収率に優れていますが、カロリーが高いので食べ過ぎに注意することが大切です。

3.セサミンはサプリメントから摂取しよう

このように、セサミンをゴマから直接摂取する場合には様々なデメリットがあります。
セサミンはゴマに含まれているものですが、ゴマからセサミンを毎日十分に摂取することは難しく、かえって肥満に繋がるなど体に悪影響を与えます。
美容と健康維持のためにセサミンを摂取するのなら、ゴマよりもサプリメントがおすすめです。
セサミンのサプリメントには余計な脂質が含まれていないため、安心して飲むことができます。
また、一粒一粒にセサミンが凝縮しているため効率よくセサミンを補給できます。
セサミンの抗酸化作用の効果を実感するためには、セサミンの摂取を毎日続けることが大切です。
毎日セサミンをしっかり摂取して、体の元気と美しさを保ちましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.