セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンにデメリットはある?

1.通常の食事から摂取することが難しい

セサミンは、ゴマに含まれているゴマリグナンを構成している成分です。
セサミンを摂取することで、強い抗酸化作用によって老化やガンを防ぐことができます。
セサミンは栄養価が高く優れた成分ですが、セサミンを含むゴマリグナンは、ゴマ一粒にわずか1%程度しか含まれていません。
しかも、ゴマリグナンにはセサミンだけでなく他の成分も含まれているため、セサミンの量は非常に少ないです。
セサミンの摂取量の目安は一日に8~10mgですが、これをゴマから摂取する場合2500~3000粒もの量を食べなくてはなりません。
毎日の食事で、これだけの量のゴマを食べることは難しいでしょう。
また、ゴマからセサミンを沢山摂取することには様々なデメリットがあります。

2.ゴマからセサミンを摂取するデメリットとは

2-1.カロリーが高い
ゴマにはセサミンだけでなく、ビタミンやミネラルといった体に良い成分も含んでいます。
しかし、ゴマには脂質や脂肪分が半分以上も含まれているため、非常にカロリーが高い食材です。
脂質は、体のエネルギー源や体を作る大切な栄養素となりますが、過剰に摂取してしまうと肥満に繋がります。
また、ゴマにはタンパク質や糖質も沢山含まれているため、沢山食べ過ぎてしまうと脂肪肝や肌荒れを起こす可能性もあります。

2-2.ゴマは硬い殻に覆われているため吸収率が低い
ゴマは一粒一粒がとても小さく、硬い殻に覆われています。
そのため、人はゴマを食べる際は噛み砕くことなく、粒の形状のまま飲み込んでいる場合が多いです。
しかし、ゴマが硬い殻に覆われている状態で胃に到達してしまうと、ゴマに含まれているセサミンを上手く吸収することができず、そのまま消化器官を通って便となって排出されてしまいます。
このように、せっかくセサミンをわずかに含んでいるゴマを食べても、そのまま飲み込んでしまっては意味がありません。
しかし、小さなゴマを一粒ずつ噛むことは不可能です。
ゴマを使った食事でセサミンの吸収率を上げるためには、ゴマをすり潰すか、ゴマ油やゴマを炒ったものを使うと良いでしょう。
しかし、ゴマはカロリーが高く脂肪が多いため、なるべくサプリメントから摂取するといいでしょう。

3.セサミンはサプリメントで効率よく摂取しよう

セサミンのサプリメントは、セサミンだけを凝縮しているためゴマの余分な脂肪酸は省かれています。
余計な脂質や脂肪が省かれているため、肥満や脂肪肝に繋がる心配もありません。
それだけでなく、余計なものが入っていない分セサミンの抗酸化作用などの良い効果をさらに高めることができます。
このように、セサミンそのものにはデメリットはなく、とても栄養価が高くて優れた成分です。
しかし、ゴマから直接摂取しようとすると、デメリットが発生してしまいます。
セサミンのサプリメントなら副作用もないため、安心して飲むことができます。
セサミンはサプリメントで効率良く摂取して、老化やガン、動脈硬化などの病気を予防しましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.