セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

美しさを維持したい人に嬉しいセサミンの効果

1.代謝の向上

1-1.代謝が低下するデメリットとは
人の体は、年齢を重ねていくと徐々に基礎代謝が低下していきます。
この基礎代謝とは、呼吸をしたり体温を保ったりするなど、人が生きるために必要な最小エネルギー代謝量のことを指します。
基礎代謝は16~18歳前後がピークですが、年齢を重ねていくと徐々に低下していきます。
この基礎代謝が低下してしまうと脂肪の代謝が上手く行われず、余ってしまったエネルギーが少しずつ脂肪となって蓄積されてしまうのです。
また、老廃物を溜めこみやすくなり、太りやすくて痩せにくい体になってしまいます。
さらに、基礎代謝が低下することで肌の新陳代謝も低下します。
新陳代謝が低下することで、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの機能が低下し、肌のくすみやシミの増加などの症状が現れてしまうのです。
この基礎代謝を低下させる原因の一つとして、肝臓の機能の低下が考えられます。

1-2.セサミンが代謝を上げるメカニズム
ゴマ一粒あたりには、セサミンと呼ばれる成分がわずか約1%程度含まれています。
このセサミンは、体の内側から美しさの維持をサポートしてくれる頼もしい成分なのです。
セサミンを体内に取り入れると、肝臓に血液を運ぶ門脈で吸収され、肝臓に到達した後に強い抗酸化物質に変化します。
この抗酸化物質とは、体の細胞を酸化させる活性酸素を除去してくれる成分です。
セサミンのもつ抗酸化力は強いため、体内にある活性酸素を十分に除去することができます。
セサミンによって活性酸素が除去されることで、肝臓の細胞を酸化から守り機能を高めることができます。
そして、肝臓の機能が高まることで、肝臓の持つ代謝機能がスムーズに働くようになり、基礎代謝がアップするのです。

2.シミ予防

2-1.加齢によってシミが増えるメカニズム
2-1-1.活性酸素による影響
人は30代を過ぎて年齢を重ねていくと、シミが徐々に現れてくる場合があります。
このシミの原因には、前項でご紹介した活性酸素も大きく関わっています。
人が紫外線の浴びてしまうと、紫外線に含まれる有毒な物質から肌を守るために、活性酸素が大量に発生します。
しかし、活性酸素は非常に酸化力が強いため、過剰に発生してしまうと健康的な細胞まで傷つけてしまいます。
この過剰に発生した活性酸素によるダメージから肌を守ってくれる物質が、メラノサイトと呼ばれる細胞で作られるメラニン色素です。
メラニン色素は、活性酸素によるダメージを代わりに受けて、他の細胞を守ってくれる役割があります。
このため、体内の活性酸素が多いとメラニン色素が沢山作られてしまい、シミとなってしまうのです。
人の体には、もともと活性酸素を除去する酵素(SOD)が存在しますが、この酵素は加齢とともに減少してしまいます。

2-1-1.エストロゲンの減少
女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少も、シミの原因となります。
このエストロゲンの分泌量は年齢によって違いがあり、思春期頃に急増して20代半ばでピークを迎え、それ以降は加齢とともに減少していきます。
すると、エストロゲンを分泌させるために、性腺刺激ホルモンの分泌量が増加します。
この結果、メラノサイト刺激ホルモンが影響を受け、シミの原因となるメラニン色素が分泌されてしまうのです。

2-2.セサミンがシミを予防するメカニズム
2-2-1.抗酸化作用で活性酸素を除去する
セサミンの抗酸化力によって体内の活性酸素を除去することで、肌を守るために分泌されるメラニン色素の量を抑えることができます。
そして、このメラニン色素の分泌量を抑えることが、シミのない肌へと繋がっていくのです。

2-2-2.エストロゲンと似た働きでシミを予防する
セサミンは、「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。
植物性エストロゲンとは、植物に含まれているエストロゲンとよく似た構造の成分で、摂取することで体内で女性ホルモンのような働きをしてくれます。
ですから、セサミンを摂取することで、加齢によって減少してしまったエストロゲンの働きを補うことができます。
その結果、メラノサイト刺激ホルモンがメラニン色素を過剰に分泌することがなくなり、シミの予防が実現するのです。

3.シワの予防

3-1.加齢によってシワができるメカニズム 3-1-1.活性酸素による影響 活性酸素は、シミだけでなくシワやたるみの原因にもなります。
活性酸素は大量にあると、皮膚のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどの細胞も酸化させて破壊します。
すると、皮膚のハリや弾力を維持することができなくなり、シワやたるみが生まれてしまうのです。

3-1-2.エストロゲンの減少
エストロゲンには、肌の表皮の裏にある真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの産生を促進させる働きがあります。
このため、加齢によってエストロゲンが減少してしまうと、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの産生を促せず、肌の弾力やハリを保つことが難しくなります。
その結果、シワやたるみになってしまうのです。

3-2.セサミンがシワを予防するメカニズム
3-2-1.抗酸化作用でコラーゲンを守る
セサミンを摂取することで抗酸化作用が働き、コラーゲンやエラスチンを活性酸素による酸化から守ることができます。
そして、コラーゲンやエラスチンが酸化から守られることで、皮膚の弾力やハリを保ち、シワとたるみを防ぐことが叶えられるのです。

3-2-2.エストロゲンと似た働きでコラーゲンの産生を促す
加齢によって減少したエストロゲンの働きは、植物性エストロゲンとも呼ばれるセサミンを体内に取り入れることで補うことが出来ます。
すると、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの産生が上手く行われるようになり、ハリと弾力のある肌を得ることができるのです。

4.まとめ

セサミンは、体の内側から健康と美容をサポートしてくれる成分です。
しかし、美しさを維持するためには、セサミンを摂取するだけでなく運動や栄養バランスの良い食事など、より良い生活習慣を心掛けることが重要です。
また、シミを予防するためには、日傘や日焼け止めなどを使用して、体の外側から肌を守ることも必要です。
このようなことを心掛けた上でセサミンを摂取して、体全体の美しさを維持しましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.