セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンはゴマから摂取したほうがいい?

1.セサミンはゴマにしか含まれていない成分

セサミンは、ゴマに含まれているゴマリグナンを構成している成分です。
このゴマリグナンにはセサミンの他に、セサモールとセサミロールという成分が含まれています。
しかし、ゴマリグナンの50%はセサミンで構成されています。
ゴマを食べることで老化を防ぐことができますが、これはゴマに含まれているセサミンによる効果だといわれています。
セサミンは肝臓に到達することで、強い抗酸化成分になります。
そして、強い抗酸化作用によってガンや老化の原因に繋がる活性酸素を減らすことができます。
肝臓は、健康を維持するために重要な働きをする臓器です。
そして、体にある臓器の中で最も大きいです。
肝臓はアルコールや添加物などの体に害があるものを、無害なものに変える働きがあります。
また、食べた食材の糖や脂肪などを体にとって有能なものに変える働きもあります。
こういった働きが行われる際に、血液によって運ばれる酸素を大量に消費するため、活性酸素が発生しやすくなります。
活性酸素は、体内に侵入した細菌やウィルスを強い抗酸化力で退治する役割があります。
しかし、活性酸素が沢山増えると肝臓が衰えてしまい、老化やガンなどの病気にも繋がります。
このため、肝臓では活性酸素を無害化するためにSODという酵素が備わっていますが、このSODは40代前後から減少してしまいます。
そこで役に立つ成分がセサミンです。
セサミンを積極的に摂取することで、体内で発生する活性酸素を除去して肝臓の働きを高めることができます。
健康の維持と若さを保つためには、セサミンを毎日積極的に摂取することが大切です。

2.ゴマ一粒に含まれているセサミンの量は少ない

セサミンは、ゴマ一粒にわずか0.4~1%程度しか含まれていない希少価値の高い成分です。
セサミンの一日の摂取目安量は、約10mgですが、この量をゴマから摂取する場合は2500粒~3000粒もの量を食べなくてはいけません。
毎日ゴマを3000粒もの量を食べることは非常に難しいでしょう。
また、ゴマは固い殻に覆われているため、ほとんど噛み砕かずに飲み込んでしまいます。
すると、固い殻に覆われている状態ではセサミンを吸収することができないので、そのまま便と一緒に排出されてしまいます。
このように、ゴマからセサミンを十分に摂取することはとても難しいです。

3.ゴマはカロリーが高い

ゴマはセサミンだけでなく、脂質やタンパク質が多く含まれています。
ゴマ一粒に含まれているセサミンの量は少なく、セサミンをしっかり摂取しようとすると沢山のゴマを食べる必要があります。
しかしゴマを沢山食べてしまうと脂質を摂り過ぎてしまい、肥満になる可能性が高くなります。

4.セサミンを摂取するならサプリメントがおすすめ

セサミンを毎日十分に摂取するなら、サプリメントがおすすめです。
セサミンのサプリメントは、ゴマの余計な脂質などは省いてセサミンのみを抽出して作られるため、カロリーを摂り過ぎる心配はありません。
また一粒にセサミンが凝縮しているので、効率よく十分な量のセサミンを摂取することができます。
毎日セサミンを摂ることを習慣にしたい方は、サプリメントのセサミンを選びましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.