セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンを抽出するゴマの産地(南アメリカ)

1.日本では南アメリカから多くの白ゴマを輸入している

ゴマは、日本の和食になくてはならない食材です。
そのため、和食を好む日本では、ゴマの消費量が他の国と比べると多いです。
しかし、日本で販売されるゴマのほとんどが、海外から輸入したものです。
日本のゴマの輸入量は、年間で約16万トンにも及びます。
日本では、様々な国からゴマを輸入していますが、日本で消費される白ゴマの多くは南アメリカから輸入しています。
中でも、パラグアイから多くの白ゴマを輸入しており、その数は輸入する白ゴマの70%以上を占めています。
パラグアイから輸入したゴマは、いりゴマやすりゴマ、練りゴマ等に使用されています。
南アメリカの暖かい気候はゴマの栽培に適しており、パラグアイの他には、グアテマラやボリビア等でも沢山のゴマが生産されています。

2.南アメリカで生産されるゴマの用途

南アメリカで生産されるゴマは、主に食品用として使われます。
生産されるゴマの種類は白ゴマが多く、そのほとんどがアメリカに輸出され、ハンバーガーのパンの表面に散らされています。
アメリカでは、和食のある日本と違って、ゴマを使用した伝統的な料理はあまり存在しません。

3.パラグアイ産のゴマの歴史

パラグアイでは、1990年代初頭にゴマの栽培が始まりました。
パラグアイにゴマの生産を導入したのは、戦後の日本移民です。
パラグアイと日本の架け橋となる作物として、ゴマの栽培が始まりました。
そして、パラグアイの農業がより発展するために、日本人に好まれるようなゴマが作られるようになりました。
パラグアイでは長い年月をかけて、エスコバ種と呼ばれる枝が多く背丈が高いゴマの栽培に成功し、広い土地で生産されるようになりました。
このエスコバ種は、日本市場で高い評価を受けています。
エスコバ種が日本で認められるようになった後、日本のパラグアイ産のゴマの輸入量が拡大しました。
パラグアイのエスコバ種は、味が優れているだけでなく、品質も高い白ゴマです。

4.南アメリカ産の白ゴマは様々な料理に使われている

日本では、多くの白ゴマを南アメリカから輸入し、すりゴマや練りゴマとして販売され、様々な料理に使われています。
また、白ゴマは脂質が多く、セサミンなど栄養面でも優れています。
ゴマ製品(とくに白ゴマ)や、セサミンのサプリメントを選ぶ際には、原料となるゴマの生産地がパラグアイ産のものがお勧めです。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.