セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとワーファリンの飲み合わせについて

1.ワーファリンの特徴

ワーファリンとは、血の塊である血栓ができることを抑制する働きを持つ抗血栓薬です。
このワーファリンは抗血栓薬の中でも、血液を凝固させる物質である凝固因子の働きを抑える抗凝固薬に分類されます。
特に、ワーファリンはビタミンKを必要とする凝固因子の働きを抑制し、血液を固まりにくくします。
この働きにより、心臓内や血管内に血栓ができることを予防してくれるのです。
ワーファリンはビタミンKの働きを阻害して血液が固まることを防ぐ役割があります。
しかし、ワーファリン服用中にビタミンKを多く摂取してしまうと、ワーファリンの効果が弱くなってしまいます。
ですから、ワーファリン服用中は、ビタミンKを多く含んでいる納豆や青汁、クロレラを食べることは控えたほうが良いでしょう。

2.ワーファリン服用中のセサミンの摂取は控えよう

ビタミンKは、セサミンを含んでいるゴマにも多く含まれています。
その含有量は、ゴマ約100gあたりにビタミンKは約12μg程度含まれています。
(摂取目安量は成人男女約150μg程度) このためワーファリンを服用中は、その効果を下げないためにもゴマの摂取はなるべく控えましょう。
また、セサミンのサプリメントは脂質といった余計な成分を省いて作られていますが、それでも体質にあっていないと効果を十分に得ることは難しいため、ワーファリンの服用中はなるべくセサミンのサプリメントの摂取も控えたほうが望ましいです。
どうしてもワーファリンを服用中にセサミンのサプリメントを摂取したい場合は、必ず事前に医師に相談をしてから摂取しましょう。
もし体調に異変が現れた場合は、服用を中止して医師に相談することが大切です。

3.まとめ

ワーファリンは、ビタミンKを必要とする凝固因子の働きを抑制して、血液を固まりにくくしてくれる抗血栓薬です。
このワーファリンは、ビタミンKの働きを阻害して、血液が固まることを防ぎます。
しかし、ビタミンKを多く含む食べ物(特に納豆や青汁)を食べてしまうと、ワーファリンの持つ効果が弱くなってしまうのです。
また、セサミンを含んでいるゴマにも、ビタミンKは含まれています。
このため、ワーファリンを服用中はゴマを食べ過ぎないように注意しましょう。
セサミンのサプリメントであったとしても、体質にあっていないと効果が十分に得られないため、ワーファリンを服用中にセサミンのサプリメントを摂取する場合は、必ず医師に相談することが大切です。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.