セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの30代に役立つ効果とは

人は30代に入ると、体に様々な変化が起こります。
その変化によって体調に不調が現れたり、肌の調子が悪くなったりするのです。
ゴマに含まれているセサミンは、そんな体に変化が起こる30代にとって役立つ効果が多くあります。

1.疲労回復

30代を過ぎると、20代と比べて疲れがとれなくなったと感じる人は多いです。
その秘密は、体内で発生する活性酸素にあります。

1-1.活性酸素で疲労が溜まるメカニズム
運動や仕事をすると、筋肉や自律神経の中枢にある細胞のミトコンドリアが酸素を多く取り込むと同時に、活性酸素を発生させます。
特に、自律神経は生体機能を維持するために常に働いているため、酸素の消費量が多い分、活性酸素を大量に発生させます。
すると、脳内で発生した活性酸素はエネルギー生成に関わるミトコンドリアを酸化させ、さびつかせてしまいます。
このさびによって自律神経の機能が低下した状態を疲労といいます。
また、このさびが元に戻らなくなった状態が老化です。
また、活性酸素によって細胞がさびてしまうと、細胞の中で栄養をスムーズに燃やすことができなくなります。
そうなると、エネルギーの産生が落ちてしまい、疲れを感じるようになります。
人の体内には、もともと活性酸素を分解する酵素であるSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)が存在しますが、このSODの働きは30代に入ると徐々に衰えていきます。
このSODの働きが衰えることで活性酸素がさらに増加し、疲れといった様々な体質変化の原因となってしまうのです。

1-2.セサミンが疲労を回復させるメカニズム
セサミンには、疲労の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
セサミンを体内に取り入れると、肝臓に血液を運ぶ門脈で吸収され、肝臓にたどり着いた後に強い抗酸化物質に変化します。
そして、肝臓で疲労の原因となる活性酸素をしっかりと除去してくれるのです。
これにより、細胞を活性酸素による酸化から守ることができ、細胞内に存在するミトコンドリアの働きを高め、エネルギーを十分に産生することができるようになります。
また、ミトコンドリアを酸化から守ることで、自律神経の機能の低下による疲労を防ぐことができるのです。

2.シミ予防

2-1.30代になるとシミが増える理由
2-1-1.エストロゲンの減少
30代に入ると、10代や20代の頃にはなかったシミが増加していく場合があります。
その原因の一つが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少です。
エストロゲンといった女性ホルモンは、20代半ばにピークが訪れ、30代を過ぎると徐々に減少していきます。
すると、エストロゲンを分泌させるために性腺刺激ホルモンの分泌が増加します。
その結果、メラノサイト刺激ホルモンが影響を受けて、メラニン色素を分泌させます。
このメラニン色素が、シミの正体なのです。

2-1-2.活性酸素の増加
シミの原因は、活性酸素も関係しています。
人が紫外線を浴びると、紫外線に含まれる有毒な物質から体を守るために、活性酸素が大量に発生します。
しかし、活性酸素は酸化力が非常に強いため、大量に発生してしまうと健康な細胞まで傷つけてしまいます。
そんな活性酸素によるダメージを代わりに受けて肌を守ってくれる物質が、メラノサイトという細胞で作られるメラニン色素です。
活性酸素が多いと、このメラニン色素が沢山作られてしまい、シミに繋がってしまうのです。
また、30代を過ぎると、活性酸素を除去するSODという酵素が減少していくため、シミが増えやすくなってしまいます。

2-2.セサミンがシミを予防するメカニズム
2-2-1.エストロゲンと似た作用でシミを防ぐ
セサミンは、実は「植物性エストロゲン」とも呼ばれている成分です。
この植物性エストロゲンとは、植物に含まれているエストロゲンとよく似た構造の成分で、体内に取り入れることで女性ホルモンのような働きを行います。
ですので、セサミンを摂取することで、減少してしまったエストロゲンの働きを補うことができます。
エストロゲンが十分に足りることで、メラノサイト刺激ホルモンがメラニン色素を過剰に分泌しなくなり、シミの予防へと誘導されるのです。

2-2-2.抗酸化作用で活性酸素を除去する
セサミンを摂取すると、強い抗酸化作用によって細胞にダメージを与える活性酸素をしっかりと除去することができます。
このように活性酸素の増加を防ぐことにより、肌を守るために分泌されるメラニン色素の量も減り、シミの予防が叶えられるのです。

3.代謝促進

3-1.30代を過ぎると太りやすくなる理由
人は30代を過ぎると、「基礎代謝」が徐々に減少していきます。
この基礎代謝とは、「呼吸する」「体温を保つ」など、生きるために必要な最小エネルギー代謝量のことをいいます。
基礎代謝は、16~18歳前後がピークで、30代を過ぎると減少していき、40代になるとさらに急激に低下していくといわれています。
この基礎代謝量が減ってしまうと、体内に老廃物を溜めこみやすくなり、太りやすくて痩せにくい体になってしまうのです。

3-2.セサミンが代謝を高めるメカニズム
セサミンの抗酸化力は、主に活性酸素を多く発生させる肝臓で発揮されます。
このため、肝臓の細胞を活性酸素による酸化から守り、肝臓の機能を高めることができます。
そして、肝臓の機能が高まると、肝臓の持つ「代謝機能」も活性化されます。
すると、基礎代謝も高まり、エネルギーが多く消費されるようになって、老廃物と脂肪が溜まりにくく痩せやすい体になるのです。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.