セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとアルコールの飲み合わせについて

1.セサミンとアルコールを摂取する際の注意点

ゴマに含まれているセサミンには、血液中のアルコールの分解を促進する働きや、二日酔いの症状を引き起こすアセトアルデヒドを分解する働きがあります。
また、細胞を酸化させる活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、肝臓の機能も高めてくれます。
このような働きがあることから、セサミンは二日酔いの予防に効果的な成分だといえます。

しかし、二日酔いの予防のためにセサミンを摂取する場合は、以下の点に注意しましょう。

1-1.セサミンはお酒を飲む前に摂取する
摂取したアルコールは、血液に溶け込んで肝臓に運ばれ、約90%が分解されて酢酸という無害な物質に変えられます。
その後、酢酸は全身を巡るうちに水と炭酸ガスに分解され、体外へ排出されるのです。
摂取したアルコールのうち約10%は、代謝されずに汗や尿になって体外に出ていきます。
このように、お酒から摂取したアルコールは肝臓で代謝されるのですが、肝臓ではアルコールだけでなく多くの栄養素が代謝されます。

しかし、肝臓は毒素の排出が優先されるため、アルコールと栄養素を一緒に摂取した場合はアルコールの代謝が優先され、栄養素の吸収が阻害されてしまうのです。
ですから、セサミンをお酒と一緒に摂取してしまうと、肝臓ではアルコールの代謝が優先して行われるため、セサミンの吸収率が低下してしまいます。
二日酔いの予防のためにセサミンを摂取する場合は、なるべくお酒を飲む前に摂取すると良いでしょう。

1-2.セサミンのサプリメントはお酒で飲まない
前項でご紹介したように、セサミンとアルコールを一緒に摂取してしまうと、肝臓では毒素(アルコール)の代謝が優先されてしまうため、セサミンの吸収率が低下してしまい、十分に効果を得ることができません。
このため、セサミンをサプリメントから摂取する場合は、吸収率を低下させないためにお酒ではなく水で飲みましょう。
お酒を飲む前にセサミンのサプリメントを水で飲むことで、肝臓の機能をしっかりと高めて、アルコールやアセトアルデヒドの分解を促進することができます。

2.まとめ

セサミンは、二日酔いの原因となるアルコールやアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。
しかし、セサミンとアルコールを一緒に摂取してしまったり、セサミンのサプリメントをお酒で飲んだりすることで、セサミンの吸収率を下げてしまいます。
セサミンの持つ二日酔いの予防効果を十分に得るためには、なるべくお酒を飲む前にセサミンのサプリメントを水で飲むと良いでしょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.