セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンを含有量で選ぶときのチェックポイント

1.セサミンの含有量が10mgであること

セサミンのサプリメントを選ぶときは、一日分で摂取できるセサミンの量をチェックすることが大切です。
セサミンの一日の摂取目安量は、約10mgです。
これは、ゴマで考えると約2500粒~3000粒程度の量です。
これを毎日ゴマから摂取することは困難ですし、ゴマは一粒一粒が硬い殻に覆われている分、そのままの状態では吸収率が良いとはいえないため、サプリメントが最適です。
したがって、セサミンのサプリメントは、一日分で10mg摂取できるものを選ぶことが望ましいです。
一般的にセサミンのサプリメントは、一日3粒程度で約10~15mgのセサミンを摂取できるものが多いです。
セサミンのサプリメントによっては、一日6粒の服飲でセサミンを20mg摂取できるものも存在します。
しかし、その分原材料が中国産であったり、添加物が含まれていたりする場合があります。
また、セサミンの効果を実感するためには、一日の摂取目安量を守ることが望ましいので、一日分で約10mg程度のセサミンを摂取できるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

2.カロリーの量

セサミンのサプリメントは、一日分のセサミンの含有量が同じ10mgであったとしても、含まれているカロリーが商品によって違います。
ですので、肥満などを防ぎたいとお考えの方は、なるべくカロリーが低い方のセサミンを選ぶと良いでしょう。
一般的なセサミンのサプリメントに含まれるカロリーは、一日分の含有量が10mgのもので約7~10kcal程度です。

3.ゴマの産地と添加物の有無

サプリメントのセサミンの含有量(一日分)が10mgであったとしても、サプリメントによっては、原材料であるゴマの産地や添加物の有無に違いがあります。
たとえサプリメント一日分のセサミンの含有量が10mgを満たしていたとしても、原材料であるゴマの産地が中国など品質管理が徹底されていない場所であった場合、農薬などの心配があります。
また、一日分のセサミンの含有量が10mgでも値段が非常に安いものの場合、コストを削減するために添加物が多く使われている恐れがあります。
セサミンのサプリメントは健康のために飲むものなので、着色料(カラメル色素)など発ガン性の恐れがある添加物が含まれているものは避けた方が良いでしょう。
このように、セサミンを含有量で選ぶときは、含まれているセサミンの量だけ確認するのでなく、値段や原材料、添加物の有無などもしっかり確認することが大切です。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.