セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとカフェインの飲み合わせについて

1.カフェインの特徴

カフェインとは、主にコーヒー豆やカカオ豆、茶葉などの植物に含まれている苦みのある天然成分のことを指します。
このカフェインは、排尿を促してむくみを予防・改善する効果や、末梢の血管を拡張して体を温め、冷え性を改善する効果に期待できます。
また、エネルギーを熱として放出し脂肪を減らす効果や、アルツハイマーを予防する効果もあります。
このように、カフェインには様々な効果がありますが、ゴマに含まれているセサミンと合わせて摂取する場合には以下の点に注意しましょう。

2.セサミンとカフェインを摂取する際の注意点

2-1.セサミンとカフェインを一緒に摂取しない
カフェインには、セサミンに限らず様々な栄養素に吸着し、その栄養素の吸収を妨げてしまうという性質があります。
ですから、セサミンの効果を十分に得るためには、セサミンとカフェインを同じ時間に摂取しないように気を付けましょう。

2-2.セサミンのサプリメントをコーヒーで飲まない
また、セサミンのサプリメントを服飲する場合においても、コーヒーで飲んでしまうと化学反応が起きたり、セサミンの吸収が阻害されたりしてしまう恐れがあります。
このため、サプリメントを飲む際は水か白湯で飲むようにしましょう。

2-3.セサミンのサプリメントとカフェインを摂取するタイミング
セサミンのサプリメントを服飲している期間に、どうしてもコーヒーやお茶を飲みたい場合は、飲むタイミングに注意することが大切です。
まず、セサミンのサプリメントを飲むタイミングは食後が適しています。
食後30分以内は消化器官が活発になっているため、このタイミングでセサミンのサプリメントを摂取することで食べ物と一緒に上手く消化吸収されます。
また、カフェインの場合は、摂取後から約30分程度で脳に到達します。
そして、カフェインが体内で代謝されて濃度が半分にまで低下するのに、約4~6時間程度もの時間がかかります。
つまり、カフェインの摂取後の5時間以内にサプリメントを摂取しても、サプリメントに含まれる成分の吸収率が低下してしまうのです。
ですから、カフェインを摂取した場合、約5時間以上は時間を空けてからセサミンのサプリメントを摂取すると、その効果を十分に得ることができるのです。
また、コーヒーを飲む時間は、サプリメントを摂取する時間である食後の約5時間前にすると、サプリメントの吸収率が下がることを防げます。

3.まとめ

コーヒーやお茶に含まれているカフェインには、むくみを改善する効果や、セサミンのように冷え性を改善する効果があります。
しかし、セサミンとカフェインを一緒に摂取してしまうと、相乗効果を得られないどころかセサミンの吸収をカフェインが邪魔してしまうのです。
ですから、セサミンのサプリメントを服飲する際は、コーヒーやお茶で飲むのではなく、水や白湯を利用しましょう。
また、セサミンのサプリメントを服飲する期間中にコーヒーを飲みたい場合は、サプリメントを摂取してから5時間は時間を空けるようにしましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.