セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとあわせて摂りたい栄養素(高麗人参)

1.高麗人参に含まれている栄養素について

高麗人参とは、オタネニンジンと呼ばれる植物の根を乾燥させたもので、野菜のニンジンとは別の品種です。
この高麗人参には、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなど健康と美容に役立つ成分が約98種類も含まれています。
特に、高麗人参に含まれるビタミンB群は、ニンジンの約2.7本分も多く含まれています。
その他にも、鉄分やカルシウム、亜鉛やマグネシウムなど様々な栄養素が、他の野菜と比べると多く含まれているため、摂取することで健康と美容に幅広い効果を得ることができるのです。
中でも、高齢人参には「サポニン」という有効成分が多く含まれています。
サポニンには種類があり、高麗人参に含まれているサポニンを「高麗人参サポニン(ジンセノサイド)」といいます。
サポニンの種類によって安全性が異なりますが、高麗人参や大豆に含まれているサポニンは安全性が高いため、副作用もなく安心して摂取することができます。
そんな高麗人参に含まれるサポニンは、健康と美容に役立つ作用を多く持っているため、セサミンとあわせて摂取することで、様々な効果をもたらしてくれるのです。

2.セサミンと高麗人参がもたらす相乗効果とは

2-1.肝臓の機能を高めて動脈硬化を予防する
2-1-1.高麗人参が動脈硬化を予防するメカニズム
高麗人参に含まれるサポニンには、血液中の血小板が凝縮するのを抑え、血液をサラサラにする作用があります。
また、血管を拡張する作用もあるため、血流の改善にも期待できます。
それだけでなく、サポニンには小腸で吸収された糖質(ブドウ糖)が脂肪と結合することを阻害する働きがあります。
実際に行われた研究では、サポニンを投与したことにより、血液中のコレステロールが約71%、中性脂肪が約88%も改善されたことがわかりました。
さらに、サポニンには抗酸化作用があるため、コレステロールといった脂質を酸化させる活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑制してくれます。
その結果、肝臓の機能が高まり、さらにコレステロールや中性脂肪を減らすことができるのです。

2-1-2.セサミンが動脈硬化を予防するメカニズム
ゴマに含まれているセサミンも、抗酸化作用がある成分です。
体内に取り入れたセサミンは、肝臓に血液を運ぶ門脈で吸収され、肝臓に到達した後に強い抗酸化物質に変化します。
そして、活性酸素を多く発生させる肝臓で直接作用し、活性酸素を十分に除去してくれるのです。
そして、活性酸素が除去されることで肝臓の機能も高まり、コレステロールの調整機能や脂質の代謝機能がスムーズに働くようになります。
ですから、サポニンを含んでいる高麗人参とセサミンをあわせて摂取すると、それぞれが持つ働きによって相乗効果が生まれ、肝臓の機能の向上と動脈硬化や肥満の予防が叶えられるのです。

2-2.免疫力の向上
高麗人参に含まれているサポニンには、細菌やウイルスなどの外敵やガン細胞に攻撃を与えるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあります。
さらに、自律神経のバランスを整える効果にも期待できるため、免疫力の向上に役立ちます。
そして、サポニンとセサミンは抗酸化作用があるため、摂取することでNK細胞にダメージを与えて機能を低下させる活性酸素を除去してくれます。
このような免疫力を高める作用を持つ高麗人参とセサミンをあわせて摂取することで、さらに病気に負けない強い体へと導かれるのです。

2-3.更年期障害の症状の軽減
高麗人参に含まれているサポニンは、中枢神経を落ち着かせて自律神経を正常化させる働きも持っています。
高麗人参を摂取して自律神経が正常に機能するようになると、更年期障害の症状である動悸やむくみ、頭痛などの症状が軽減します。
そして、セサミンも更年期障害の症状の軽減に役立つ成分です。
セサミンは、実は「植物性エストロゲン」とも呼ばれている成分です。
植物性エストロゲンとは、植物でありながら女性ホルモンの一種であるエストロゲンとよく似た構造を持っている成分です。
このため、体内に取り入れることでエストロゲンと似た働きをしてくれます。
そんな植物性エストロゲンであるセサミンを摂取すると、加齢によって減少したエストロゲンの働きを補うことができます。
さらに、女性ホルモンのバランスが整うことで脳の視床下部が正常に機能し、自律神経のバランスも整います。
このような効果を持つセサミンに加えて、高麗人参も一緒に摂取することで相乗効果が生まれ、より更年期障害の症状が軽減されるのです。

3.セサミンと高麗人参のサプリを選ぶ際のポイント

高麗人参の種類の中で、サポニンを最も多く含むものが「紅参」です。
紅参とは、高麗人参を表皮が付いたまま蒸して乾燥させたものです。
サポニンは、高麗人参の表皮付近に多く含まれ、蒸すことで種類が増えます。
また、サポニンの量は高麗人参の成長とともに増え、最も多くサポニンを含む高麗人参は6年もの歳月をかけて成長した「6年根」と呼ばれるものです。
ですから、高麗人参のサプリメントを選ぶ際は、紅参で6年根の高麗人参が原材料として使用されているものを選ぶと良いでしょう。
セサミンのサプリメントを選ぶ際は、一日の摂取目安量である10mgを一日分で摂取できるサプリメントを選びましょう。
また、なるべく農薬を使用していない高品質なものを選ぶことで、安心して服飲することができます。
毎日忙しい方やサプリメントを飲むことが苦手な方は、セサミンと高麗人参が一緒に配合されているサプリメントがお勧めです。
嬉しい効果をもたらしてくれるセサミンと高麗人参を摂取して、理想的な健康と美容を叶えましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.