セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの狭心症予防に役立つ働きとは

ゴマは、一粒一粒が小さいですが非常に栄養価が高い食品です。
その秘密は、ゴマにしか含まれていない「セサミン」という成分にあります。
このセサミンは、摂取することで健康面に様々な効果をもたらし、狭心症の予防にも導いてくれるのです。
では、具体的にセサミンのどのような働きが狭心症の予防に役立つのか、ご紹介します。

1.抗酸化作用で狭心症に繋がる動脈硬化を予防する

心臓には、心臓の筋肉に血液を送り込み、栄養と酸素を供給している「冠動脈」という血管があります。
この冠動脈の内部が、動脈硬化などによって狭くなってしまい、血流が悪化して心臓の筋肉(心筋)に十分に酸素が送られなくなった状態のことを「狭心症」といいます。
狭心症になってしまうと、胸や背中、みぞおち等に痛みを感じるといった症状が現れ、進行すると心筋梗塞を引き起こす可能性があるのです。
この狭心症を引き起こす危険因子となるのが、冠動脈の動脈硬化です。

1-1.冠動脈の動脈硬化が起こるメカニズム
脂質の多い偏った食生活を続けると、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、細胞内に収容しきれなくなります。
その余った悪玉コレステロールは、血管壁のすき間から内膜に入り込み、そこで活性酸素によって酸化されて「酸化LDL」という異物に変わります。
この酸化LDLを、マクロファージと呼ばれる免疫細胞が自分自身の中に取り込んでいくのですが、沢山取り込んでいくうちに膨れ上がり、やがて泡沫細胞という状態になります。
そして、この泡沫細胞が増え続けると、血管の内膜が持ち上がって血管内が狭くなります。
さらに、血管壁が酸化LDLや泡沫細胞によってドロドロになって脆くなり、弾力性を失って硬くなってしまいます。
この動脈硬化が冠動脈で進行していくと、血流が悪化して心臓の筋肉に十分な酸素が行き届かなくなり、狭心症へと繋がってしまうのです。
ですので、狭心症の予防には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、動脈硬化を予防することが重要です。

1-2.セサミンが狭心症を予防するメカニズム
セサミンは、この動脈硬化を予防する効果に期待できる成分です。
(a)肝機能を高める
セサミンを体内に取り入れると、肝臓に血液を運ぶ門脈と呼ばれる静脈で吸収され、肝臓に到達した後に強い抗酸化成分に変化します。
そして、肝臓にて直接作用して、肝機能を低下させる活性酸素を十分に除去します。
活性酸素を十分に除去することで、肝細胞が守られて肝機能が向上します。

(b)肝臓機能向上によって動脈硬化と狭心症を予防する
すると、肝臓の持つコレステロールの調節機能が正常に働くようになり、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすことができます。
また、活性酸素を除去することで代謝機能も向上し、脂質を上手くエネルギーに変えて、その結果中性脂肪を減らすことができます。
さらに、悪玉コレステロールを酸化させる活性酸素も十分に除去されるため、動脈硬化と狭心症をしっかりと予防することができるのです。

2.動脈硬化をもたらす糖尿病を予防する

前項で、狭心症は動脈硬化によって引き起こされるとご紹介しましたが、この動脈硬化は糖尿病が原因となって起こる場合もあります。

2-1.糖尿病によって動脈硬化が起こるメカニズム
それはなぜかというと、まずコレステロールは血液中で溶けないため、血液中では水に溶けるタンパク質がコレステロールを包んで「リポ蛋白」という形になります。
糖尿病によって高血糖状態が続いてしまうと、このリポ蛋白が酸化されて変化します。
すると、変化したリポ蛋白が血管の壁にへばりつき、「プラーク」というこぶになります。
このプラークが大きくなってしまうことで、血管の中が狭くなって動脈硬化と狭心症を引き起こすのです。

2-2.セサミンが糖尿病を予防するメカニズム
セサミンは、血糖値を下げる効果もある成分です。
セサミンを摂取することで、体内の活性酸素が除去されて膵臓の機能も向上します。
膵臓の機能が向上するとインスリンの分泌が促されるのですが、このインスリンの働きによって食べ物などから取り入れたブドウ糖をスムーズに細胞に取り込み、エネルギー源として活用して血糖値を下げることができます。
また、活性酸素を除去することで、ブドウ糖をエネルギーに変える働きのあるミトコンドリアを守り機能を高めることができます。
セサミンのこのような働きによって、動脈硬化を防ぎ狭心症の予防を叶えることができるのです。

3.狭心症予防をするためにセサミンを摂取する方法

狭心症の予防に役立つセサミンは、ゴマにしか含まれていない成分です。
しかし、ゴマは一粒あたりに脂質を約50%も含んでいるため、セサミンをゴマから摂取してしまうと脂質を摂り過ぎてしまいます。
脂質の摂り過ぎは、脂肪やコレステロールの増加にも繋がるため、狭心症の予防を目的としてセサミンを摂取するならセサミンのサプリメントがおすすめです。
セサミンのサプリメントなら、余計な脂質は省かれているため、脂肪やコレステロールを増やす心配がありません。
また、一粒一粒にセサミンが凝縮しているため、毎日効率よくセサミンを摂り続けることができます。
セサミンのサプリメントを取り入れて、狭心症を予防して健康を叶えましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.