セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの美容効果(ニキビ改善)

ニキビは、思春期だけでなく大人の女性も悩ませる肌トラブルです。
ニキビの改善や予防には、正しいスキンケアも大切ですが、栄養バランスのよい食事を心掛けるとより効果的です。
ゴマには、体内で抗酸化物質に変化するセサミンが含まれているため、ニキビの改善や予防に効果があります。

1.ニキビの原因

1-1.ストレスなどによる活性酸素の増加
思春期にできるニキビの場合は、年齢による皮脂の過剰分泌が原因となりますが、大人ニキビの場合は、脂質の多い食事やストレス、生活習慣の乱れなどが原因となることが多いです。
脂質の多い食事などによって皮脂が毛穴に詰まってしまいますが、それだけでニキビになるのではなく、毛穴に詰まった皮脂が酸化することによってニキビが発症します。
そして、その皮脂を酸化させてしまうものが、過剰に発生した活性酸素です。
人は呼吸によって酸素を吸い込むと、そのうちの約3%が活性酸素になります。
活性酸素には、体内に侵入した細菌から細胞を守る役割や、ニキビの原因となるアクネ菌などから肌を守る働きを持っています。
しかし、活性酸素は非常に強い酸化力を持っているため、ストレスなどによって活性酸素が過剰に発生してしまうと、毛穴に詰まった皮脂が酸化してニキビになります。
また、過剰に発生した活性酸素の酸化力によって、肌細胞までダメージを受けてしまい、炎症を引き起こします。
活性酸素は、発症したニキビの内部で増殖するアクネ菌も原因となって過剰に発生します。
このため、ニキビの改善や予防は、過剰に増えた活性酸素をセサミンなどの抗酸化物質で除去することが重要です。

1-2.肝機能の低下による新陳代謝の低下
偏った食生活やストレスによって活性酸素が過剰に発生すると、健康な肝細胞が酸化してしまい、肝臓の機能が低下します。
肝臓の機能が低下してしまうと、新陳代謝やターンオーバー(肌の生まれ変わり)が低下し、角質が厚く硬くなって毛穴が詰まりやすくなります。
また、肝臓の機能が正常だと悪玉(LDL)コレステロールは消費されますが、反対に肝臓の機能が低下すると、血中の悪玉コレステロール値が上昇し、皮脂が増えてニキビになってしまいます。
ニキビの改善や予防には、肝細胞を酸化させる活性酸素を除去するために、ゴマといった抗酸化物質が含まれている食材を食べることが大切です。

2.セサミンの強い抗酸化作用でニキビを改善、予防する

ゴマ1粒にわずか1%程度しか含まれていないセサミンは、体内に取り入れると肝臓で強い抗酸化物質に変化します。
ニキビの原因の一つである活性酸素は、肝臓で最も多く発生します。
しかし、抗酸化物質の多くは水溶性であるため、肝臓に到達する前に吸収されてしまいます。
これに対して、セサミンは肝臓まで到達した後に強い抗酸化物質に変化するため、肝臓で発生する活性酸素を十分に除去することが可能です。
セサミンの強い抗酸化力によって活性酸素が除去されると、皮脂の酸化や炎症が防がれニキビが改善されます。
また、活性酸素の過剰発生を防ぐことで、肝細胞を守り肝臓の機能を高めることができます。
その結果、悪玉コレステロール値の上昇を抑え、皮脂が過剰に分泌されることを防ぎます。
さらに、肝機能が高まることで血液の状態もよくなるため、新陳代謝やターンオーバーが正常に行われるようになり、ニキビを予防することができます。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.