セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの歴史について

1.セサミンの発見

セサミンの歴史は、1983年(昭和58年)に大手企業によって油の研究がスタートしたことが、セサミン発見への初めの一歩となりました。
もともとはセサミンの研究ではなく、人の健康の役に立つ油を求めて研究が行われていました。
その研究によって、健康に役に立つ成分であるアラキドン酸を生産する微生物が発見されました。
そして、このアラキドン酸を大量生産するための実験が行われました。
アラキドン酸を増やすために、大豆油やゴマ油など様々な油を使って実験が行われた結果、「ゴマ油」を使用したときのみ、アラキドン酸が全く増えないことがわかりました。
その結果からヒントを得て、1986年(昭和61年)に本格的にセサミンの研究が始められました。
セサミンの効能や効果を細かく分析して研究を積み重ね、2mmしかないゴマからわずか1%のみ含まれているセサミンを抽出する技術の開発に取り組みました。

2.セサミンのサプリメントの開発と販売

さらにセサミンの研究が進められ、1993年(平成5年)に遂にセサミンのサプリメントが大手企業から初めて発売されました。
しかし、1993年当時は青汁やローヤルゼリーが人気だったこともあり、このセサミンのサプリメントはあまり売れませんでした。
大手企業はさらなる研究と開発に励み、セサミンとビタミンEの相性の良さを発見しました。
そこで大手企業はビタミンEを配合したセサミンのサプリメントを開発し、1996年(平成8年)に販売を開始しました。
その後、ビタミンEだけでなくコエンザイムQ10やローヤルゼリーといった健康に役立つ成分が一緒に配合されたシリーズが誕生しました。
セサミンの開発者は、セサミンの効能を科学的に解明したことや、健康食品として実用化したことが高く評価されたことにより、2008年(平成20年)に農芸科学技術賞を受賞しました。
そしてこの年にはセサミンを摂取する人は100万人を突破し、海外でもセサミンの優れた効能が注目されるようになりました。
このように、セサミンという成分は大手企業の熱心な研究によって発見され、セサミンの効果が十分に発揮できるように研究を重ねてサプリメントが生まれました。
セサミンを多く含んでいるゴマは、古くから栄養価が高いものとして親しまれてきました。
しかし、そのゴマの効能のほとんどはセサミンを主成分とするゴマリグナンによるものだといわれています。
今後もセサミンは、多くの人たちの健康と美容をサポートし続けることでしょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.