セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの勃起不全(ED)予防に役立つ働きとは

セサミンとは、ゴマに含まれているゴマリグナンという成分の一種です。
このセサミンは、健康や美容に役立つ様々な働きを持っています。
そのセサミンの持つ働きは、男性を悩ませる勃起不全(ED)の予防・改善にも効果があるのです。

1.勃起不全(ED)が起こるメカニズム

勃起不全(ED)とは、性交時に十分な勃起が得られない、あるいは維持できないことで、満足できる性交が行えない状態のことをいいます。
「ED」とは、勃起機能の低下を意味する「Erectile Dysfunction」の略です。
勃起不全(ED)は、日本人男性の4人に1人がかかる身近な疾患です。
この勃起不全の原因は、不規則な食事や運動不足によって起こる生活習慣病や、ストレスなどによって増える活性酸素の影響が考えられます。

1-1.生活習慣病によって起こる勃起不全
正常の勃起は、性的刺激が脳からの信号によって神経を通って陰茎に伝わり、陰茎にある陰茎海綿体の動脈が大きく広がって、血液が流れ込むことで起こります。
しかし、脂質の多い偏った食事や運動不足などによって、血液中に悪玉コレステロールが増えると動脈硬化といった障害が起こり、この陰茎海綿体の動脈が十分に広がらなくなります。
すると、血液が十分に流れ込まず、満足できる勃起が得られないという症状が起こるのです。

1-2.活性酸素が原因の勃起不全
勃起不全は、活性酸素が影響している可能性も考えられます。
脳が性的な刺激を受けると、その興奮が脊髄の神経を通って陰茎にある勃起神経に届きます。
すると、神経からNO(一酸化窒素)が分泌されます。
その結果、GMPという物質が生み出されて、この物質によってペニスの海綿体の血管が拡張されて、血液が流れ込んで勃起が起こります。
しかし、ストレスなどによって体内の活性酸素が過剰に増えると、血管や神経の細胞を傷つけてしまい、一酸化窒素を十分に分泌できなくなり、勃起不全に繋がってしまうのです。

2.セサミンが勃起不全(ED)を予防するメカニズム

2-1.抗酸化作用で勃起不全の原因となる生活習慣病を予防する
ゴマに含まれているセサミンを摂取すると、肝臓に血液を運ぶ門脈で吸収され、肝臓にたどり着いた後に強い抗酸化物質に変身します。
こうして抗酸化物質へと変身したセサミンは、その抗酸化力で活性酸素を十分に除去し、細胞を守ってくれるのです。
すると、臓器の機能が高まり、それぞれの力を十分に発揮することができます。
肝臓の機能が高まると、コレステロールの調節機能や脂質の代謝がスムーズに行われるようになります。
これにより、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすことができ、その結果血液がサラサラになって、勃起不全に繋がる動脈硬化や高血圧、脂質異常症を予防することができるのです。
また、活性酸素を除去することで膵臓の機能も高まります。
膵臓の機能が高まると、膵臓にあるβ細胞からブドウ糖を筋肉などに運ぶインスリンが正常に分泌され、血糖値を下げることができます。
さらに、ブドウ糖をエネルギーに変える働きを持つミトコンドリアを酸化から守ります。
すると、ミトコンドリアの機能が高まり、血糖値の上昇を防いで勃起不全に繋がる糖尿病を予防することができるのです。

2-2.活性酸素を除去して一酸化窒素の分泌を促進する
セサミンの抗酸化作用によって活性酸素を除去することで、血管や神経の細胞を守り機能を高めることができます。
その結果、神経から十分に一酸化窒素が分泌されます。
そして、この一酸化窒素によってGMPという物質が生み出され、ペニスの海綿体の血管が拡張されて、満足できる勃起を得ることが叶えられるのです。

3.勃起不全の予防のためにセサミンを摂取する方法

前項でご紹介したように、セサミンは勃起不全の予防に役立ちますが、セサミンを含むゴマは脂質も多く含んでいます。
このため、ゴマからセサミンを摂取しようとして沢山食べてしまうと、脂質を摂りすぎてしまいます。
脂質の摂りすぎは、コレステロールを増やして動脈硬化を引き起こす可能性があります。
ですので、勃起不全の予防を目的としてセサミンを摂取するなら、セサミンのサプリメントを選びましょう。
セサミンのサプリメントなら、余計な脂質が省かれているため、コレステロールを増やす心配はなく、毎日効率よくセサミンを摂取することができます。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.