セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとメラトニン

セサミンと相性の良い成分として挙げられるのはメラトニンという栄養素です。
この栄養素は闇夜のホルモンとも言われている物質。
睡眠と非常に密接な関係を持っている成分です。

セサミンを摂取しようと考えている人なら、美容や健康への意識も非常に高いでしょう。
その場合は、サプリメントを摂取するだけでなく、睡眠も質が高いものをとるように心がけて下さい。
その理由は、ずばり睡眠が健康と美容に密接に関わっているから。
体内のリズムを正しく整えることによって、休息やリラックス効果を高め、さらに痛んだ細胞をケアしたり、翌日の元気・体力をしっかりと準備することができる様になります。
つまり、イキイキとした生命活動の根源になるのです。

そして、睡眠には【メラトニン】という成分が必要不可欠になります。
ここでは、そんな成分とセサミンとの組み合わせを提案します。

深部体温とメラトニン

深部体温とは、身体の中で一定のリズムで刻まれている身体の深部の体温を指します。
身体の外とは全く無関係に、一定のペースで作用しています。

メラトニンは先述したように闇夜のホルモンと呼ばれている物質で、夜の8時z年後から分泌が始まります。
そして、体内にメラトニンの濃度が高まることで、深部体温が下がり、大脳が徐々に落ち着くのです。
それを合図にエネルギーが蓄積され、元気と体力の準備が始まるのです。

その為、メラトニンの分泌を冠がると、夜の8時頃には既に就寝するのが理想的と言えます。
昔から早寝早起きは健康に良いと言われていますが、それには、そんな理由があったのです。
しかし、最近では夜になっても部屋を明るくしたままにする人が増えています。
液晶画面や照明などが点いていると、なかなかメラトニンが分泌されません。
この成分は周囲が暗くなることで分泌を始めるからです。
夜でも電気をつけておくと、大脳が昼間だと勘違いしてしまい、それによって体内のリズムが大きく狂います。
結果として、生活リズムにズレが生じるのです。

こうなると、慢性的な寝不足状態に陥ってしまうことになります。
精神的にも身体的にもパフォーマンスが低下してしまい、身体の休息モードと活動モードの切り替えも上手くいかなくなってしまいます。
集中力が落ちたり、いまいち調子が出ない状態が続くことになりかねません。

セサミンの摂取と同時に、しっかりと睡眠に関しても見なおしてみましょう。
スムーズな健康効果に結びつくはずです。

Contents

Ranking

    第一位
    DHA&EPA+セサミンEX

    第二位
    セサミンEX

    第三位
    かどやのごまセサミン

    第四位
    ごま酢セサミン

Other Menu

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.