セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

粉末タイプのセサミン

1.粉末タイプのセサミンの特徴

セサミンのサプリメントには、液体のカプセルだけでなく粉末タイプのものもあります。
セサミンは肝臓にて強い抗酸化物質に変身し、活性酸素を除去してガンや老化を予防する働きがある成分です。
非常に栄養価の高い成分ですが、セサミンを含むゴマリグナンはゴマ一粒にわずか1%しか含まれていません。
一日のセサミンの摂取目安量は約10mgですが、この量をゴマから摂取する場合はゴマを2500粒~3000粒程の量を食べなくてはなりません。
しかしゴマはタンパク質や脂質、糖質も多く含んでいるため、沢山食べ過ぎると脂肪が溜まり肥満になってしまいます。
また、ゴマはわずか2mm程度しかないため噛み砕くことは難しく、ほとんどは丸のみしてしまいます。
ゴマは硬い殻に覆われているので、そのまま飲み込んでしまってはセサミンが吸収されずに、便と一緒に排出されてしまいます。
せっかくゴマを沢山食べたのにセサミンの効能が発揮できなかったら勿体ないですよね。
そこでセサミンを効率よく摂取するために適しているものがサプリメントです。
粉末タイプのセサミンは、ゴマから余計な脂質などは省いてセサミンのみを抽出して作られています。
そのため、セサミンを体内でしっかり吸収することができます。
他にも、粉末タイプのセサミンには様々なメリットがあります。

2.粉末タイプのセサミンのメリット

2-1.カロリーが低い
セサミンを含んでいるゴマは脂質が多いため、沢山食べてしまうとカロリーを摂りすぎてしまいます。
粉末タイプのセサミンなら、余計な脂肪分は省かれているためカロリーを摂りすぎることなく、セサミンを十分に摂取することができます。

2-2.カプセルが苦手な方に適している
カプセル状のセサミンのサプリメントも多くありますが、このような形状を飲むことが苦手な方にとっては、粉末タイプのセサミンが適しています。
粉末状になっているため、喉に引っ掛かることなく楽に飲むことができます。

2-3.他のものと混ぜて飲むことができる
粉末タイプは、カプセルのサプリメントと違って様々なものと組み合わせて飲むことができる点もメリットの一つです。
青汁やグリーンスムージー等に混ぜて一緒に飲むと、効率よく幅広い栄養素を摂取することができます。
また、ハンバーグやお味噌汁など料理にも混ぜることも可能です。
このように粉末タイプのセサミンなら、普段から薬を飲むことが苦手な方も無理なく続けることができます。

2-4.保存がしやすい
液状のセサミンをカプセルにしたものは、火のあたる場所を避けて常温で保管して、一定の期間内で飲みきらなくてはなりません。
しかし、粉末タイプは乾燥しているため、長期保存が可能です。
その分サプリメントの管理もしやすくなるため、毎日無理なくセサミンを適量摂取することができます。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.