セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンサプリの保管方法とは

セサミンのサプリメントの効果を実感するためには、サプリメントを正しく保管することが大切です。
以下の点を守って正しく保管し、セサミンの品質を維持しましょう。

1.蓋をしっかり閉めて涼しい場所に保管する

セサミンのサプリメントの効果を実感するためには、サプリメントを正しく保管することが大切です。
まず、開封したサプリメントは、害虫やほこりなどが入らないように蓋(またはチャック)をしっかり閉めます。
次に、直射日光があたる窓辺や調理器具の近く、テレビといった電化製品の近くや車の中など、温度が高くなる可能性のある場所は避けて、涼しい場所に保管しましょう。
特に、セサミンのサプリメントによく使われているようなカプセルは、ゼラチンを原料にしています。
このゼラチンは、高温や湿気の多い場所に置くと軟らかくなるという性質があります。
ですので、カプセルタイプのセサミンを高温多湿な場所に保管してしまうと、粒同士がくっつきやすくなります。
その状態で強く固まってしまうと、カプセルを離すことが難しくなり、手で無理に離そうとすると割れて中身が漏れてしまう場合があります。
もしカプセル同士がくっついてしまって取りづらい場合でも、袋などを振って粒が離れるようであれば問題なく摂取することができます。

2.冷蔵庫の中は避ける

前項では、セサミンのサプリメントは高温多湿な場所は避けて涼しい場所に保管すると良いとご紹介しましたが、冷蔵庫の中は避けたほうが良いです。
なぜなら、冷蔵庫から出し入れする際に、温度や湿度の変化によって結露が発生しやすくなり、サプリメントの品質が劣化する恐れがあるからです。
また、カプセルタイプのサプリメントの場合は、冷蔵庫のような低温の場所に保管すると、カプセルが固くなって割れやすくなってしまうのです。
ソフトカプセルの場合は、サプリメントの見た目や色調が変化してしまう場合もあります。

3.においが強いものの近くは避ける

カプセルの原料であるゼラチンは、においを吸収しやすいという性質もあります。
ですから、カプセルタイプのサプリメントをにおいが強いものの近くに保管すると、そのにおいがサプリメントに移ってしまう可能性があります。
カプセルタイプのセサミンのサプリメントを保管するときは、においが強いものの近くは避けて保管しましょう。

4.賞味期限に注意する

サプリメントの賞味期限は他の食品と比べて長く、2年間もつものも多いです。
しかし、賞味期限とは、未開封のものを正しく保存した場合において、期待される品質の保持が十分に可能であると認められる期限です。
ですから、開封後は賞味期限に関わらず、決められた量を毎日摂取して早めに飲みきるようにすることが大切です。
例えば、120粒のセサミンのサプリメントで一日3粒の摂取が推進されている場合、
120粒÷3粒で40日間が摂取期間の目安になります。
賞味期限が2年あったとしても、製品に合った摂取期間内のうちに飲み切ると、品質の劣化を心配せずに服飲することができます。
サプリメントは、賞味期限が過ぎた途端に品質が急激に劣化してしまうわけではありません。
しかし、時間の経過とともに成分は少しづつ劣化してしまいます。
セサミンのサプリメントは、健康や若さを維持するために飲むものですから、賞味期限が過ぎたサプリメントは服飲しないようにしましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.