セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとあわせて摂りたい栄養素(ヒアルロン酸)

1.セサミンとヒアルロン酸をあわせて摂ると良い理由とは

1-1.セサミンがヒアルロン酸を活性酸素から守る
1-1-1.ヒアルロン酸の性質について
ヒアルロン酸は、肌の真皮や表皮に存在し、多くの水分を保っています。
その保水力は非常に優れており、ヒアルロン酸約1gで約6リットル(500mlのペットボトル約12本分)もの水分を保つことができます。
そして、その強力な保水力を発揮することにより、肌の潤いを維持する役割を果たしているのです。
体内に存在するヒアルロン酸量は、20歳頃にピークを迎えますが、それ以降は減少してしまいます。
特に、40代以降はヒアルロン酸が減少する速さが増し、60代になると20代の半分以下にまで減少してしまいます。
このため、ヒアルロン酸は、サプリメントなどで積極的に摂取することが望ましいです。
しかし、体内に活性酸素が大量に存在していると、ヒアルロン酸の量や機能を低下させてしまいます。
活性酸素は、人が呼吸によって酸素を吸うことで自然と発生し、体内に侵入してきたウイルスや細菌を除去してくれる働きがあります。
その酸化力は非常に強いため、ストレスや紫外線の影響を受けて過剰に発生してしまうと、健康な細胞にまでダメージを与えてしまうのです。
紫外線の影響を受けて発生した活性酸素は、過酸化脂質を生み出します。
そして、その過酸化脂質がヒアルロン酸の減少の原因にも繋がるのです。
また、活性酸素は、ヒアルロン酸をつくる線維芽細胞にもダメージを与えて機能を低下させます。
このように、活性酸素はヒアルロン酸を減少させる原因となるのです。

1-1-2.セサミンがヒアルロン酸を守るメカニズム
ゴマに含まれているセサミンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
体内に取り入れたセサミンは、肝臓に血液を運ぶ門脈で吸収され、肝臓にたどり着いた後に強い抗酸化物質に変化します。
そして、その強い抗酸化力を発揮し、ヒアルロン酸や線維芽細胞にダメージを与える活性酸素をしっかりと除去してくれます。
このように、ヒアルロン酸の減少を防ぐためには、ただヒアルロン酸を摂取するだけでなく、活性酸素を除去してくれるセサミンといった成分も一緒に摂取することが大切です。
活性酸素が十分に除去されることで、ヒアルロン酸の効果を高めることができるのです。

2.セサミンとヒアルロン酸がもたらす相乗効果

2-1.目の健康を維持する
2-1-1.ヒアルロン酸が目の潤いを保つメカニズム
ヒアルロン酸は、目の水晶体の後方にある硝子体に多く含まれています。
硝子体は、眼球の3分の2を占めており、緩衝作用や目の形を保つ働きがあります。
この硝子体の約99%は水分でできており、ヒアルロン酸はその水分をつなぎ止める役割を果たしているのです。
ですから、ヒアルロン酸の機能を守る事で、正常で健康的な硝子体を維持することができます。
また、ヒアルロン酸は粘り気が強くて保水力も高い成分であるため、ヒアルロン酸を十分に補うことで涙を角膜の表面につなぎ止めておくことができます。
その結果、目の乾燥を防ぎ、ドライアイの予防や改善へと導かれるのです。

2-1-2.セサミンが目の健康を維持するメカニズム
目の水晶体が白く濁る病気である白内障は、紫外線の影響を受けて発生した活性酸素によって、水晶体がサビつくことが大きな原因の一つだと考えられています。
セサミンは、白内障の予防や改善にも効果が期待できる成分です。
セサミンには抗酸化作用があるため、摂取することで紫外線の影響を受けて発生した活性酸素を十分に除去することができます。
すると、水晶体がサビることなく正常に機能することができ、白内障の予防や改善へと繋がるのです。
このように、セサミンとヒアルロン酸をあわせて摂取することによって、相乗効果で目の健康維持が実現されるのです。

2-2.ハリと弾力のある美肌の実現
ヒアルロン酸は非常に保水力が高いため、摂取することで肌の潤いを保ち、弾力とハリのある美肌が叶えられます。
また、ヒアルロン酸は、肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンをつなぎ止める役割があるため、十分に補うことでコラーゲンやエラスチンの働きも保つことができるのです。
そこに、植物性エストロゲンとも呼ばれているセサミンを摂取することにより、さらにハリと弾力を高めることができます。
植物性エストロゲンとは、植物でありながら女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造を持つ成分で、体内に取り入れることで女性ホルモンと似た働きをしてくれます。
このエストロゲンは、コラーゲンの生成を促進する作用があります。
ですから、セサミンを摂取するとコラーゲンの量が増え、よりハリと弾力が保たれるのです。
ヒアルロン酸とあわせて摂取すると、さらに相乗効果が生まれ、みずみずしくて若々しい美肌が叶えられるのです。
2-3.関節痛の軽減
2-3-1.ヒアルロン酸が関節痛を軽減するメカニズム
ヒアルロン酸は、関節と関節の間にある軟骨にも多く含まれています。
この軟骨は、クッションのような役割を持ち、関節の動きをなめらかにする働きがあります。
ですから、軟骨が加齢に伴ってすり減ってしまうと、骨と骨がぶつかってしまい、痛みや炎症が引き起こされてしまうのです。
また、膝の関節は全身の体重を支えているため、関節痛を予防するためには健康的な軟骨を維持する必要があります。
そして、丈夫な軟骨を保つためには、ヒアルロン酸を意識的に摂取することが望ましいです。
実際に行われた研究では、ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えたことで、軟骨の形成が増加したことがわかりました。
さらに、膝関節症の患者にヒアルロン酸を使った治療を行ったところ、約40~50%の症例で痛みが緩和されました。

2-3-2.セサミンが関節痛を軽減するメカニズム
痛みを伴う関節炎が現れる原因の一つとして、活性酸素による影響も考えられています。
活性酸素によって体内の細胞が酸化した結果、炎症や痛みといった様々なトラブルに繋がってしまうのです。
セサミンは強い抗酸化力を持っているため、体内に取り入れることで活性酸素をしっかりと除去してくれます。
これにより、関節の負担も軽減し、関節痛の予防が叶えられるのです。
このように、セサミンとヒアルロン酸が持つ働きは、関節痛の予防や改善に有効なのです。

3.セサミンとヒアルロン酸を摂取するときのポイント

ヒアルロン酸は、魚の目やニワトリのとさか、豚足など日常生活であまり食べることのない食品に多く含まれています。
また、ヒアルロン酸は分子が大きいため、そのままの状態では体内で吸収されにくいという性質も持っています。
セサミンは、ゴマにしか含まれていない有効成分であり、一粒あたりにわずか約1%程度しか含まれていません。
さらに、一粒一粒が硬い殻に覆われているため、そのままの状態では吸収率が良くありません。
ですから、ヒアルロン酸とセサミンを毎日十分に補うなら、サプリメントを選ぶと良いでしょう。
サプリメントなら、場所を選ばずに手軽に摂取できますし、一粒一粒に成分が凝縮しているため吸収率も良いです。
セサミンとヒアルロン酸が一緒に含まれているサプリメントなら、さらに効率よく摂取することができるのでお勧めです。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.