セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンとビタミンeで加齢に立ち向かう

セサミンと相性の良い成分の一つにビタミンEがあります。
セサミンもビタミンEも抗酸化作用に優れているという共通点があります。
体内で活性酸化が増加すると、身体の様々な細胞や器官が老化し、血中のコレステロール値も高くなり、生活習慣病を発症しやすくなります。
セサミンやビタミンEなど抗酸化作用を持つ成分を摂取することで、活性酸素を阻害することができます。

セサミンは肝臓で働くのに対し、ビタミンEは細胞や血管で働くという違いがあります。
そして、ビタミンEはセサミンと同時摂取することで壊れにくい成分へと変わります。
そのため、これらの成分を同時摂取することで、さらに抗酸化作用が高まり、高い効果が期待できるのです。
体内でも最も活性酸素を発生する部分は肝臓です。

肝臓でも酵素の働きにより、活性酸素を除去することができますが、加齢により酵素の量が減少してしまいます。
肝臓で活躍するセサミンを摂取することで、酵素不足を補い、肝機能効果アップなど様々な効果を実感できます。
そして、セサミンが肝臓で働くことで、ビタミンEの浪費を防ぐことができます。
一方、ビタミンEは、血管内や体の細胞で効果を発揮します。

ビタミンEは、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血行を促進し、動脈硬化をはじめとする生活習慣病を予防します。
同様に、細胞においても、過酸化脂質の発生を防いでいます。
このようにセサミンとビタミンEはお互いの作用を高め合ったり、お互いにサポートし合うことで、活性酸素による身体の錆びつきを予防します。
セサミンとビタミンEを摂取することで、老化から身体を守り、高いアンチエイジング効果が期待できます。

また、セサミンとビタミンEはホルモンにも関わっているという共通点もあります。
セサミンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の作用を持ちますので、ホルモンを補うことができます。
ビタミンEは、男性ホルモンと女性ホルモンの分泌に関わっています。
そのため、ホルモンバランスを整えることで、若々しさを取り戻すことができます。

多くのメーカーからサプリメントが販売されていますが、中にはセサミンとビタミンEが一緒に入っているサプリメントもたくさんあります。
相性の良い成分と組み合わせて摂ることはとても良いことなので、セサミンのみも良いですが、ビタミンEなどの相性の良い成分も入っている商品を選ぶようにしましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンEX

Other Menu

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.