セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンによる体質・体調改善(コレステロール値低下)

1.コレステロールが体に与える影響

コレステロールには、善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの2つの種類があります。
悪玉コレステロールは血管にコレステロールを運ぶ役割があり、善玉コレステロールは、余分なコレステロールを収集して、血管内の状態を良くする働きがあります。
また、どちらも細胞膜の構成成分やホルモンを作る材料として使われています。
悪玉コレステロールは、食べ過ぎや運動不足によって増えると活性酸素によって酸化し、血管の内壁に付着して動脈硬化を引き起こす原因になります。

2.肝機能の低下は悪玉コレステロールを増やす原因の一つになる

食べ過ぎや運動不足だけでなく、肝機能の低下も悪玉コレステロールを増やす原因となります。
肝臓は、コレステロールの生成の役割を担っている臓器ですが、偏った食生活などで活性酸素が過剰に増えると肝機能が低下し、コレステロールの生成が正常に行われなくなります。
すると、悪玉コレステロールばかり作り出し、血液中のコレステロール値が上昇していまいます。
この血中コレステロールが、活性酸素によって酸化してしまうと動脈硬化や生活習慣病に繋がります。

3.セサミンがコレステロール値を低下させる仕組み

3-1.肝臓の機能を向上させる
コレステロールの上昇を防ぐためには、活性酸素を除去して、コレステロールの生成を行う肝臓の機能を高めることが大切です。
ゴマに含まれているセサミンは、肝臓に到達すると強い抗酸化物質に変わります。
そして、活性酸素を十分に除去し、肝細胞を守って肝機能を向上させます。
肝機能を向上させることで、コレステロールの生成が正常に行われるようになり、悪玉コレステロールではなく善玉コレステロールが多く作り出されます。

3-2.血中に活性酸素が放出されることを防ぐ
血中内の悪玉コレステロールが活性酸素と結びついてしまうと、血管内にこびりつき動脈硬化を起こす可能性が高くなります。
セサミンを摂取することで、肝臓で活性酸素を十分に除去し、血中に活性酸素が放出されることを防ぎます。
そして、肝機能も改善し、善玉コレステロールを増やしてコレステロール値の低下に繋がります。
血中のコレステロール値が低下することで、血液の状態が良くなり、全身に栄養を行き渡らせることができます。
そして、生活習慣病や動脈硬化といった病気も予防し、体の健康を叶えます。
食生活や生活習慣が乱れていると感じる方は、セサミンのサプリメントなどを取り入れて、コレステロール値の上昇を防ぎましょう。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.