セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

アルコール解毒作用のあるセサミンを継続的に摂ってみる

アルコールには鎮静作用が備わっているため、お酒を適量飲むことで、リラックス効果を得ることができます。
そのため、親しい人同士でお酒を飲みながら会話を楽しむことで、リラックスしたひとときを過ごすことができます。
現代のようなストレス社会にあっては、お酒を飲まずにいられないという方もいるでしょう。
しかし、肝臓におけるアルコールの分解能力は、一人一人異なっています。

そのため、同じ量のお酒を飲んでも、気分が悪くなったり、翌日までお酒が残る人もいれば、全く平気だという方もいます。
自分の許容量を超える量のアルコールを摂取すると、翌日に頭痛や吐き気などを感じることもあります。
二日酔いになってしまっては、せっかくの楽しいひとときも台無しになってしまいますよね。
実は、お酒を飲む前にセサミンを飲むことで二日酔いを防止することができるのです。
アルコールを摂取すると、血液を介して、全身を巡り、最後に肝臓で処理されて、体外に出されます。

もし、アルコールの摂取量が肝臓の処理能力を超えてしまうと、処理できなかったアルコールは翌日まで体内に残ることになります。
そのため、お酒を飲み過ぎた翌日に、体がだるくなったりするのです。
セサミンは肝臓内ではたらいてくれる成分なので、アルコールの代謝をサポートする作用があります。
セサミンを飲むことで、アルコールの分解スピードが高まり、アルコールをどんどん処理できるようになるのです。

さらに、セサミンには肝機能アップ効果があります。
血液検査でGOTやGPTという項目がありますが、肝細胞が弱くなるとGOTやGPTが高くなります。
セサミンを継続的に摂取することで、GOTとGPTの上昇を抑えることができるとのことです。
つまり、セサミンを摂取し続けることで、肝機能を正常に保つことができるのです。

肝臓が正常に機能しなければ、アルコールを解毒することはできません。
肝臓が健康であるからこそ、お酒を楽しめるのです。
お酒をいつまでも楽しみたいのであれば、セサミンを摂取し、肝臓をいたわることをおすすめします。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンEX

Other Menu

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.