セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンによる体質・体調改善(ストレス解消)

1.セサミンはストレスと戦うホルモンの分泌を促進する

セサミンは、ゴマに含まれている抗酸化物質であるゴマリグナンの一種です。
セサミンのもつ抗酸化作用は、健康や美容に役立つだけでなく、ストレス解消にも効果があります。
人がストレスを感じると、副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレスをやっつけます。
副腎皮質ホルモンは、体内でコレステロールを材料にして作られます。
この副腎皮質ホルモンの分泌を促進することで、ストレスに負けない体になるのです。
しかし、副腎臓皮質ホルモンによってストレスに対抗する際に、活性酸素が発生します。
この活性酸素が多く分泌されると、体内にある細胞が酸化して、機能が低下します。
活性酸素は、コレステロールを生成する肝臓にも悪影響を与え、肝機能を低下させます。
コレステロールは副腎皮質ホルモンの材料になるため、肝機能が低下してしまうとコレステロールが上手く作られず、副腎皮質ホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいます。
副腎皮質ホルモンが正常に分泌されないと、ストレスに対抗できず、さらにストレスを増やす原因にも繋がります そこで役に立つ成分が、ゴマに含まれているセサミンです。
セサミンは、肝臓に到達すると強い抗酸化物質に変化し、活性酸素を除去します。
活性酸素を十分に除去することで、肝細胞を守り肝機能を高めます。
肝機能が高まると、コレステロールが正常に生成されるようになります。
そして、そのコレステロールを材料にして副腎皮質ホルモンが作られ、ストレスに対抗することができるのです。

2.セサミンはストレスによる活性酸素から体を守る

人がストレスを感じると、副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレスをやっつける過程で活性酸素が発生します。
この活性酸素は、体内にある細胞を酸化させます。
細胞が酸化すると、ガンなどの病気にかかりやすくなってしまいます。
また、シミやシワといった老化現象を引き起こし、女性ホルモンにも悪影響を与えます。
このように、活性酸素は多くの病気や肌トラブルの原因となるのです。
セサミンは、この活性酸素が多く発生する肝臓に直接働きかけることができます。
酸化を防ぐ抗酸化物質には様々な種類がありますが、その多くは水溶性であるため血液で作用し、肝臓までたどり着くことができません。
その点セサミンは脂溶性であり、肝臓までたどり着いた後に抗酸化物質に変化します。
このため、活性酸素を多く発生させる肝臓で、十分に抗酸化力を発揮することができます。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.