セサミンで毎日イキイキ情報局

画像

セサミンの美容効果(シミ予防)

1.活性酸素はシミの原因になる

シミを作る原因に、活性酸素が大きく関係しています。
活性酸素は、呼吸によって酸素を吸うことで自然と発生するもので、体内に侵入してきた細菌やウィルスを取り除く働きがあります。
しかし、活性酸素は毒性が強く、紫外線やストレスによって活性酸素が過剰に発生すると、体の細胞にダメージを与え、シミやしわ等の様々なトラブルを引き起こします。
シミを作る原因といえば、紫外線だけをイメージされる方が多いかもしれません。
人体が紫外線を浴びると、紫外線に含まれている有害な物質から身体を守るために、活性酸素が大量に発生します。
この活性酸素のダメージから細胞を守るために、肌の表皮にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を作ります。
メラニン色素は、紫外線によって過剰に発生した活性酸素によるダメージを、細胞の代わりに受ける役割があります。
この働きによって、肌を守ることができます。
しかしその際、体内にあるチロシナーゼと呼ばれる酵素が活性化してしまうため、メラニン色素が過剰に作られてしまい、それがシミとなります。
また、過剰に発生した活性酸素によって肌の細胞が酸化すると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常に行われなくなります。
ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の表皮にメラニン色素を含んだ古い角質が残ります。
これによって、メラニン色素の排泄が滞ってしまい、シミになってしまいます。

2.肌のシミを防ぐためにはセサミンで活性酸素を除去しよう

肌のシミを予防するためには、日焼け止めを塗るといった外側からのアプローチも大切ですが、抗酸化物質を取り入れて体の内側から活性酸素を除去すると、より効果的にシミを防ぐことができます。
活性酸素の除去には、ゴマに含まれている抗酸化物質であるセサミンが最適です。
体内の活性酸素のうち、約80%が肝臓で発生します。
しかし、抗酸化物質の多くは水溶性であるため、肝臓に到達する前に吸収されてしまいます。
これに対して、セサミンは脂溶性であるため肝臓にたどり着くことができます。
また、セサミンは肝臓に到達してから強い抗酸化物質に変化します。
そのため、肝臓で発生する活性酸素に直接働きかけることができます。
セサミンを摂取して活性酸素が除去されると、メラニン色素が過剰に作られることが減り、シミの予防に繋がります。
また、セサミンが肝臓の活性酸素を除去することで、肝臓の機能が高まり血液の状態も良くなります。
血液の状態が良くなると、肌まで栄養素をしっかり運ぶことができ、ターンオーバーを促進します。
これにより、シミを防いで美しい肌を保つことができるのです。

Contents

Ranking

    第一位
    かどやのごまセサミン

    第二位
    ごま酢セサミン

    第三位
    セサミンリッチ

セサミンの詳細

Copyright© 2010 Sesamin Information All Rights Reserved.